タグ

, , , , ,

三跪九叩頭礼(さんききゅうこうとうれい)の馬鹿ベネッセめ!!

謝罪文で大きく売り上げを伸ばした「パナソニック」の快挙は有名です。

謝罪文は、その会社の英知の発露というべきもので、いつもこれを楽しみにしている。朝日新聞なぞは「言い逃れ文章」の羅列。失礼な連中。ほかには「言い訳文章」「平身低頭文章」がある。この分類からすると、ベネッセは平身低頭、言い訳文ということになる。

分析データを公開してもいいが、敵に塩を送るつもりはない。

**************************

ベネッセコーポレーションにおける個人情報漏えいに関するお知らせとお詫び

顧客個人情報が社外に流出し、多大なるご迷惑をおかけしていることに関し深くお詫び申し上げます。
大切なお子様の学びに携わってきた企業として、今回の事態を招いたことについて、その重大さを真摯に受け止め、一刻も早くご安心頂けますよう、すべての手段を以て全力を尽くすことをお約束申し上げます。
すでに緊急の対応として、原因究明、再発防止、流出情報拡散防止に努めております。
一日も早く弊社の情報管理の信頼を回復し、今まで以上の商品・サービス向上に取り組むことをお約束させていただきます。
毎日、弊社ウェブサイトにて進捗をご報告させていただきます。
最後に、重ねて、今回の不祥事について、深くお詫び申し上げます。

株式会社ベネッセホールディングス 代表取締役会長 兼 社長 原田泳幸
株式会社ベネッセコーポレーション 代表取締役社長 小林 仁

************************
ことごとく日本語がおかしい・・・・こんな連中に子供の教育を任せていいのか?

過日、子供たちに「朝鮮【おでん】文字」をなぞらせるという、とんでもない授業をやっていたことが判明したばかりだし。

こいつら日本語がダメなことは知っていたが、この謝罪文をみても日本文章を操れる人材がいないことが明白となった。

 

1.「顧客個人情報が社外に流出し、」

何言ってんの???

『お客様の個人情報を社外に流出させ』でしょうよ。

さも自分は被害者みたいなこと言ってるが、根っからの加害者であることは「朝鮮【おでん】文字なぞらせ事件」を機に既に周知となっている。

大体、子会社が派遣社員を使ってたというハイリスクな状況。これまでの流出事件や犯罪も大方似たり寄ったりだった。

 

2.文末がすべて「ます」となっている。

これは軍体調といわれる文体の特徴。創価学会が上位下達のみの軍隊並みの組織だということと関係あるのかもしれない。

 

3.「ああします、こうします、どうします」

・・・・・口約束でないことを示す事実の道筋が示されていない。一歩間違えれば、朝鮮詐欺・・・・・そのものかも。

 

4.「弊社の情報管理の信頼を回復」

だから方策を示しなさい。ここは朝鮮ではない。朝鮮式は通用しないぞ。

 

5.「進捗をご報告」

だから、方策のステップを示すことからはじめなさい。毎日何パーセント達成したか、定量的に示せ!!!
6.「お詫び・・・・」

同じ語を三度も並べる暴挙は、日本語のボキャボラリーが貧弱・・・・

というか、三跪九叩頭礼(さんききゅうこうとうれい)丸出しだ!!!

謝罪ということに対しては民族的な対処がおもむろに表出するとわかった。

また型という常識を逸脱した文組みも、日本語ネイティブでないことを自ら証明したものだ。
**********************************
いきなり謝罪文から始まったが、本当に言いたいのはここからだ。
世界中見渡しても、企業の機密情報を外注業者や子会社などに触らせるという暴挙はどこもやっていない。

なぜこんなことになったのかといえば、防諜法がなく産業スパイや、敵工作員が帰化即議員、政治家になれるという売国天国だから。

最近移民問題の中にも、女性の社会参画を推進し、育児を外国人にさせよう・・・・・馬鹿かお前!!!

鍵をかけずに外出するに等しい。というかそれを狙って法案を通している売国議員しかいないと・・・・
外国人家政婦が増えれば、家の財産を持ち逃げ・・・・海外逃亡したり、犯罪が増加するに決まってる。

そんな民度の連中しかいないんだ、世界には。

 

世界は、企業システムの開発運用において、確かに開発については業者に一部委託することもある。

ただし、運用は、社員だけで行うというのが一般常識で基本である。
逆に言えば、売国アホどもは派遣や外注を推進し日本中から重要情報を抜き出し、世界の餌食にするためにやっているということだ。
日本は即刻、派遣業の廃止もしくは規制強化をすべきである。

社内システムは自己資本の社員だけで行うこと。また、外国人、帰化人の社員化を制限しなければ、情報は駄々漏れである。

 

今回のベネッセは、コピーしたログが残ってたといわれるが、このログを収集するプログラムを作った人間ならば、破る方法も心得ているので、ログを残さず、持ち去られた情報は数知れないと考えるべきだ。
ベネッセからはそういう対策が聞こえてこない。

「これからもやります」と宣言しているに等しい。

三跪九叩頭礼をしながら、言い訳グダグダ言ってる姿が思い浮かぶ。なっさけねぇなぁ。

 

広告