春満載のパスタを作りました。タケノコと菜の花のパスタ。

我が家では春の定番ですが、そろそろ終わり・・・

筍のしゃきしゃき感を残し、菜の花の緑。
見た目も春らしく、美味しいパスタでした。
070414_1258~001

筍:適量
菜の花:適量
パスタ:150g
オリーブオイル:大さじ3-4杯
にんにく:2かけ
唐辛子:鷹の爪2本
塩:大さじ4杯

基本はぺペロンチーノを作るときと同じです。

①鍋に火をかけ沸騰するのを待つ
②塩を加え弱火にしてパスタを入れます。
ねじりながら入れると鍋のふちで広がって綺麗。
③全部沈んだら、強火にして5-6分(太い麺は7分くらい)ゆでる。
④ゆでている間に中華なべ(フライパン)にオリーブオイルを入れ若干強火で。
⑤水がはねるくらいの温度になったら、薄切りした「にんにく」を入れ、弱火にする。少し色が付き始めたら鷹の爪をちぎり入れる。

ここでは、オリーブオイルに「にんにく」と唐辛子の香をつけることが目的です。

⑥強火にして、薄切りの筍を入れ、いためながら胡椒を振る。
⑦菜の花を入れ、炒める。隠し味に「めんつゆの元」20ccくらいを・・・
⑧充分に炒まったところで、パスタのゆで汁を40ccほど加えよくかき混ぜ、土色っぽくなったら味を見る。
⑨ゆだったパスタを加え、よくかき混ぜる。
⑩お皿に盛り付けたら、できあがり。

アルデンテの見方
アルデンテはたくさん食べるためのゆで方なので、たくさん食べたいかどうかで、硬さを決めます。

歯で噛み切ったとき、芯が1mmほど残れば、あと1分くらいという乱暴な見方でOK!!

広告