一国の総理ともなると発言を歪曲するメディアも多い。

米などではビデオを直接放送するというガイドラインがあるが・・・・

ま、日本はメディアじゃないので・・・単なる私的放送局とでもいうかな・・・

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

@kamikazegimiy 移民話を整理してみよう

1.岩田一政の1億人維持の移民政策は安倍総理によって否定された

2.法務省主導の外国人高度人材話は緩和に向かっている

3.外国人留学生助成金はそのまま継続

4.建設業などの技能実習制度は期間限定である

5.看護師は裏ルートがあり支那人看護師が増殖中

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

慰安婦の問題もTIME誌のインタビューがあるそうで

借りてきました

http://hannichikenkyu2.seesaa.net/article/394912699.html

*********************************************

「軍慰安婦強制連行の証拠はない」を再確認!安倍首相”TIME誌”のインタビューに答える!

20140419-2207.jpg

安倍首相が”TIME誌”とのインタビューで「日本軍慰安婦を強制連行した証拠はない」と主張し、韓国人どもがファビョっているようです。

ここ数日の話題といえば、お隣バ韓国の客船沈没事件ばかりのお祭り状態なのでお口直しにどうぞ・・・・

安倍、「軍慰安婦強制連行の証拠はない」を再確認
2014-04-18 news.naver(韓国語)

日本軍慰安婦問題解決のための日韓局長級協議が開始された中で、安倍晋三日本首相は、日本軍慰安婦を強制連行した証拠はないという立場を海外メディアとのインタビューをを通じて再確認した。

安倍首相は17日(現地時間)に公開された米国の報道雑誌タイム(TIME)とのインタビューで、現在、日本政府が河野談話の修正を考慮しているわけではないながらも、軍の慰安婦強制連行の証拠がないという主張を改めて取り上げた。

この雑誌は28日に「愛国者(The patriot):安倍晋三、タイムに語る」というタイトルとともに、表紙の人物として登場した安倍首相は、河野談話の修正と関連した質問について、「政権1期安倍内閣は、慰安婦の強制募集を証明する情報がないという結論(閣議決定)を出したが、多数の日本国民はこれを知らなかったし、国際的にも知られていなかった」と話した。

彼 は「私は去る選挙(2012年12月の衆議院選挙)の過程で、(慰安婦強制連行を立証する証拠はないという)その(閣議)決定と河野談話が一緒に考察され なければならないと主張した」とし「私がこれまで発言してきたおかげで、今では多くの国民がこの問題を知った」と説明した。

安倍首相がインタビューで取り上げた閣議決定は、2007年3月の第1次安倍内閣が、ツジモトキヨミ(民主)議員の質疑に対して閣議決定を経て回答した内容を指し示したものである。

当時の安倍内閣は「政府が発見した資料の中で、軍や官憲によるいわゆる強制連行を直接示す記述は発見できなかった」と明らかにしている。
「甘言、強圧による等、本人たちの意思に反して集められた事例が数多くあり、更に、官憲等が直接これに加担したこともあったことが明らかになった。」という河野談話のフレーズへの一種の「抗弁」だった。

こ のような安倍首相の主張が虚偽であることは、日本軍が1944年にオランダの女性35人を連行してジャワ島スマラン周辺に抑留して慰安婦にした事件(通称 スマラン事件)を断罪するため、前後インドネシアのバタビア(現ジャカルタ)で行われたBC級戦犯軍事裁判の起訴状と判決文などで明らかになっている。
これらの文書は、東京の国立公文書館が保管している。

河野談話は、日本軍慰安婦問題に対する日本政府の調査結果に基づいて、1993年8月4日、河野洋平(当時の官房長官)が発表した談話で、従軍慰安婦動員の強制性を認めて謝罪したものだ。

さらにインタビューで安倍首相は憲法改正について「長い間、日本では憲法は絶対に変えることができないものだと考えられていた」と紹介した後、 「私はもう、私たちの憲法を修正する必要があると考える」とし、「米国は6回修正したが、日本は一度もなかった」と強調した。

ま た安倍総理は、本人の愛国主義関連の議論についての質問に「私は愛国者だ。愛国者ではない政治家はいないと思う」と答えた後、「私は政治家なので、私が正 しいと思うことをしているが、よく批判される。だが批判を恐れていたら、人々の命を守ることができないと思う」と述べた。

彼は、第2次大 戦のA級戦犯の容疑者として逮捕されたが釈放されて首相まで務めた彼の母方の祖父の岸信介についての質問を受けると「私の祖父は逮捕されたが、起訴されな かった」と紹介した後、「祖父は日米安保条約を改正した後、強い批判を受けて辞任したが、今は(日本国民が圧倒的に)それ(安保条約)を支持している」と 述べた。

また、太平洋戦争の戦犯が合祀された靖国神社の問題と関連して、「国のために無限の犠牲を払った魂を称えるために靖国神社を訪問して参拝した」と従来の立場を維持した。

>「甘言、強圧による等、本人たちの意思に反して集められた事例が数多くあり、更に、官憲等が直接これに加担したこともあったことが明らかになった。」という河野談話のフレーズへの一種の「抗弁」だった。

「慰安婦の募集については、軍の要請を受けた業者が主としてこれに当たったが、」という文言を意図的に省略するな!

軍の要請を受けた業者は朝鮮人。甘言、強圧による等、本人たちの意思に反して朝鮮人が慰安婦を集めた。ここが大事。

そして、必ず河野談話とはまったく無関係の白馬事件(スマラン事件)を持ち出す。

戦地売春婦問題を騒ぐ奴らの世界共通の手口!

[スマラン事件関連記事]
河野談話を裏付ける史料発見!また林教授か!毎度こんな発見をしても意味なし!

広告