izaの最後のエントリーで「安倍総理靖国参拝」で穿った解釈をしてみたんだが、どうやら核心を突いていた可能性が見えてきたので、もう一度掲載しておこう。

そして、今回は「河野談話撤回せず」 の裏を読んでみましょうね。

オバマ:南トンスルランドは破綻している。その負債は、そのままIMF系銀行の倒産を意味する。IMFのユダヤ金融筋は恐ろしい。公的資金を投入せざるを得ない。でも米には金がない。銀行を潰せば民主党は今後政権の座につくことはないし・・・殺されるかも。だったら、これまで通り日本に大人しく金を出させるのが一番。

そこで、南トンスルランドに支援できる総理(いわゆる朝鮮人か、頭叩けば40兆円もの裏金も進んで出す小澤一郎・金丸信みたいなやつ)とすげ替えたい。それには安倍内閣を失脚させる以外ない。米ホワイトハウスの住人達は、今や揚げ足を取りに虎視眈々、些細な失言も利用しようと聞き耳立てている。必死の形相!!

オバマの本音

大体、日本がケツ持ちするから「たいちょぷ」「たいちょぷ」と朝鮮人にまんまと乗せられ際限なく投資をしてしまったユダヤ金融が悪いんだろーが・・・と口から出かかっているが、言えない。しかし、ストレステストの結果は138兆円どころではなさそうだ。上期末にはすべてを発表せざるを得ない。そんな金額日本も無理だったのか、安倍や閣僚たちは、だんまりとすることにしたんだろうが、ユダヤ金融はそんなことでは許してはくれない。絶対に日本に出させろと毎日・・・

今や戦争中です

オバマは、「売り言葉」に「買い言葉」を待っている。支那が尖閣に攻めてきたときに出動命令が遅れたら・・・・一気に畳み込まれます。それがオバマの唯一の切り札であり、保険なんですから。しかし、支那の暴挙に対応できなかったとしたら、「腰抜けオバマ」が全世界に定着してしまい、米は軍隊を出さないと噂され、世界中で勢力バランスが崩れ、紛争が起こる可能性が高い。危険なカケである。そこで安倍さんは、我慢するしかないと・・・。

打てる手段は、これだけか・・・・

単なる談話」で、政府の正式な閣議決定ではない。見直さないが、効力を失わせてしまえば、自滅、自壊する。これに賭けることにしよう。日本は亀になり首を引っ込めることにした。叩かれても大丈夫。ただひっくり返されたら、日本は死ぬ。だが死ぬわけにはいかない。

これから先、米に買収されたメディアの安倍叩きが一層熾烈になるだろう。だが相手の拙速な失敗を待つに限る。中川さんが殺された(自殺とか言われてるが)のも米に金を出し渋ったからとか・・・

ガンバレ安倍さん!!!

民意は維新にある。今自民は動きが取れん。維新よ、米に民意の圧力をかけろ!!!

負けるな日本!!!!

**********<2013/12/31 13:30>******************

http://edwalker.iza.ne.jp/blog/

138兆円を救った安倍さんにありがとう!!   2013/12/31 13:30

やはり追加してしまいました。最後のエントリーは・・・

安倍さんに感謝ですよ、皆さん!!

****************** 

ご隠居さん風に・・・ 

大チョン民国: 

チョッパリ、ちょっと話があるニダ!! 

ウリに138兆円貸すニダ。米も知ってるから一円もまからないニダ。 

安倍さん: 

・・・・・・・・ 

大チョン民国: 

年末には議員団を訪日させてやってもいいし、銃弾の件は不問にして許してやってもいいニダ。 

安倍さん: 

・・・・・・・ 

オバマ: 

大チョン民国を助けるといえば日本は金を出すに決まってるし、これでウリは、IMFに公的資金を投入せずに済むニダ。 

これぞ、一石二鳥ニダ!! 

わっはっはっはっ・・・・オバマあったまいい~~~ニダ~~。ニダ~~~!! 

朝日、在日新聞: 

ご注進!!ご注進!! 

安倍が靖国神社へ参拝しちまったニダ。 

大チョン民国: 

せっかく上手く行ってたのに何てことするニダ! 

これで上半期は絶交ニダ! 

発狂・・・ハッキョ~~~~ 

オバマ: 

ォオwマイwゴ~~~ッド!! 米にはお金がないニダ。 

もう~ disappointed だニダ!!

いや違った・・・「近隣諸国と関係悪化に懸念を・・・」 

永田町: 

「ばぁ~~~~か」「これでお前は終わりだ!さっさと共和党と交代しろ!」 

「ニダさんだ 四の五の言ってる 六でなし」

銃弾のときは武器輸出三原則の【朝鮮詐欺】だったが、 

今度は、IMF【ユダヤ詐欺】だったな・・・・これで日本の資産138兆円も守られた。 

安倍さんありがとう~~~ 

*********************************************************

米「『失望』は靖国参拝でなく関係悪化への懸念」

TBS系(JNN) 12月31日(火)12時5分配信

アメリカの国務省は、安倍総理の靖国参拝後に「失望した」とするコメントを発表したことについて、靖国参拝そのものではなく、近隣諸国と関係悪化に懸念を表明したと強調しました。

安倍総理の靖国参拝後初めてとなる国務省の会見では、参拝直後に国務省が出したコメントの「失望」という表現に対して質問が集中しました。

Q.失望という言葉は靖国参拝についてのものか?それとも参拝で中国韓国が反発するという結果に対してのものか?

「日本の指導者の行動で近隣諸国との関係が悪化しかねないことに対するもので、それ以上言うことはありません」(ハーフ副報道官)

ハーフ副報道官はこのように述べ、「失望」という言葉は参拝そのものではなく、中国韓国との関係悪化を懸念したものと強調しました。

「失望」という表現については、アメリカの一部の有識者から「戦没者の追悼方法を他の国がとやかく言うべきではない」という指摘が上がっており、この日の会見では、改めて、靖国参拝そのものに論評を加えたものではなく、同盟国としての日本との友好関係には変わりがないと強調しました。(31日09:12)

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20131231-00000014-jnn-int

広告