生で聞いてみたいぞ!【Five Spot After Dark】

カーティスフラー トロンボーン
ベニー・ゴルソン テナーですね

古き良き時代のモダンジャズといわれる中でも名曲です。

たまりませんね、この雰囲気。

カーティス・フラー・・・なんだか役者みたいな名前ですが、

ポスト、JJジョンソンと言われた人なんです。パッとしませんが。

そういや自由が丘に「5スポット」って生を聞かせる店があったんですが、
今はどうなったんでしょうか。

ウソのつきお・・・いゃいゃ・・ジャズ評論家のイソノテルヲ氏のお店で
一度だけ行ったことがありました。

その時はテナーの大御所松本英彦だったかが出てまして・・・・

リクエストを~~~~とか言うもんですから・・・・

ではと「ナンシー」を所望したら、懐かしいですね~とか言いながら

やってくれたっけ。

タツタ、ツタツ、タツタ、ツタツ

というフレーズは、カーティスフラーの得意技ですよ。

中間音を多用するおとなしいスタイルですが、好感が持てるいいジャズマンです。

Curtis Fuller – ‘Five Spot After Dark’ (1959) Original not Remix

Uploaded on Oct 24, 2009

Curtis Fuller’s Quintet – ‘Five Spot After Dark’

From the album ‘Blues-Ette’ recorded in 1959.

Curtis Fuller, trombone; Benny Golson, tenor sax; Tommy Flanagan, piano;
Jimmy Garrison, bass; Al Harewood, drums.

広告