タグ

, ,

http://www.telegraph.co.uk/news/1915228/Pixie-dust-helps-man-grow-new-finger.html

‘Pixie dust’ helps man grow new finger

A man who sliced off the end of his finger in an accident has re-grown the digit thanks to pioneering regenerative medicine.

Lee Spievak showing his severed and regrown finger

Lee Spievak’s finger took about four weeks to regrow  Photo: AP
******************************************
ひどい自動翻訳だが・・・・
かいつまんで言うと
豚の膀胱の裏にある組織をこそぎとり、酸の中につけこんでおく。それを乾燥させさらに粉末状にした「魔法の粉」、細胞外マトリックスというらしいが、これを傷口に振り掛けるだけらしい。彼の場合、約4週間で指が元の姿に戻ったといいます。スバラシイ。
これが実用化されれば、事故で失った体のパーツすべてに応用可能だな。
抜いた歯の歯茎にかけておくと、歯がはえてくるんだろうか・・・ジジぃになっても入れ歯が必要なければ、いうことなしなんだがなぁ・・・・
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
‘ピクシーダストが’事故で彼の指の端をオフスライス男は先駆的な再生医療への桁おかげで再び成長してきた男は新しいフィンガー検索を育てるのに役立ちます。検索リーSpievakは彼の切断と再成長指がリー Spievakの指が再生する写真に約4週間かかった彼の指先から取得した後、それはZazzle.co.jpから。模型飛行機のプロペラに巻き込ましか し完全に形成された交換は彼の切り株から育ったように、4ヶ月間、彼は、組織、神経、爪、皮膚、指紋との完全な、見。粉末を用いた細胞外マトリックスと呼 ばれる – –
ログイン医師は現在、治療がことを願ってひどく焼けた肌、あるいは損傷した臓器を修復するために使用することができる趣味 で働い検索検索氏Spievak、。オハイオ州の店では、彼の切断された指先や医師は、彼が良い。Zazzle.co.jpから再生医療の分野で働く彼の 弟アラン、それを失っていた彼に言われた見つけることができませんでした彼に氏Spievakが呼び出す粉を、送信。。彼は指の端に少しを入れて、ちょう ど2つのアプリケーションの後に再成長がすでに表示されていたと言う彼はBBCニュースに語ったZazzle.co.jpから10日間 ‘妖精の粉’、価格、写真: “毎日、それはさらに増加し​​ました。最後に、クローズアップさと指だった。それは封印された前に約4週間かかりました。完全感覚、完全な動きを “” Zazzle.co.jpからの今、彼は彼が持っていると言う “。Zazzle.co.jpから粉の発明者、ピッツバーグ大学から博士スティーブンBadylak 、豚の膀胱の粘膜からこするの細胞を含むプロセスを開拓してきました。Zazzle.co.jpから組織はその後、酸のすべてのセルの “洗浄”とシートになっている前に乾燥させ、または粉末である。
検索科学者たちは、細胞外マトリックスを傷口に置かれたとき、それは傷ではなく、 成長する組織の細胞を刺激することを信じて検索検索博士Badylakは言った: “私が思うことを10年以内に我々は、骨を再成長する戦略を持っており、それらの骨の周りの機能的な組織の成長を推進していきます。そして、それは最終的 には全体の手足を行うに向けた大きな一歩です。 “Zazzle.co.jpから米軍が負傷した兵士の指の部分を再成長するために粉末の試験を開始する態勢を整えています。Zazzle.co.jpから のもう一つの裁判ブエノスアイレスでは、食道癌を持っている女性にかかわるでしょう。
******************************************

By Laura Clout

7:24PM BST 30 Apr 2008

Lee Spievak, 69, severed half an inch from his fingertip after getting it caught in the propellor of a model plane.

But over four months he watched as a perfectly-formed replacement grew from his stump, complete with tissue, nerves, nail, skin, and fingerprint.

Doctors now hope that the treatment – using a powder called extra cellular matrix – could be used to repair severely burnt skin, or even damaged organs.

Mr Spievak, who works in a hobby shop in Ohio, was unable to find his severed fingertip and doctors told him he had lost it for good.

His brother Alan, who works in the field of regenerative medicine, sent him the powder, which Mr Spievak calls ‘pixie dust’.

For ten days he put a little on the end of his finger, and says after just two applications the re-growth was already visible.

He told BBC News: “Each day it was up further. Finally it closed up and was a finger. It took about four weeks before it was sealed.”

Now he says he has “complete feeling, complete movement”.

The inventor of the powder, Dr Stephen Badylak from the University of Pittsburgh, has pioneered a process which involves scraping cells from the lining of a pig’s bladder.

The tissue is then “cleaned” of all cells in acid and dried out before being turned into sheets, or a powder.

Scientists believe that when the extra cellular matrix is put on a wound, it stimulates cells in the tissue to grow rather than a scar.

Dr Badylak said: “I think that within ten years that we will have strategies that will re-grow the bones, and promote the growth of functional tissue around those bones. And that is a major step towards eventually doing the entire limb.”

The US military is poised to start trials of the powder to regrow parts of the fingers of injured soldiers.

Another trial in Buenos Aires will involve a woman who has cancer of the oesophagus.

広告