タグ

, , ,

Roy Williams & George Chisholm play It’s Alright with Me ”live” with Alex Welsh 1971

George Chisholm という人とデュエットですね。

この曲は、J&KAI でも有名なJJジョンソンとカイ・ウインディングもやってましたな・・・・

こっちの方が若干中間派っぽいんだけどよく歌うトロンボーンですね。テクニックも固そうですし、好感の持てるプレイヤーです。

76才なら生きてるかも。

2012/01/06

Roy Williams & George Chisholm play a ”live” trombone duet feature It’s Alright with Me with the Alex Welsh band1971 recorded at the Queen Elizabeth Hall Louis Armstrong Memorial concert 1971

Roy Williams (Trombone)

Born in Salford in 1937 Roy began his playing career playing tailgate trombone around the Manchester area with Eric Batty’s Jazz Aces, a local group. Soon afterwards he joined Terry Lightfoot and matured rapidly in both technique and ideas until, in 1965, he was invited to join Alex Welsh and “turned into a world-class talent, a perfect amalgam of Urbie Green and Jack Teagarden with a hint of Bob Brookmeyer here and there” (Digby Fairweather). After a tremendously successful period he eventually left thirteen years later to join Humphrey Lyttelton where he stayed for four years. His reputation firmly established he became a freelance, won many jazz polls, played in America and throughout Europe and became a great favourite at jazz festivals as a soloist and with all-star groups. The broadcaster and trumpeter, Digby Fairweather, sums up as follows:

“Roy Williams is the natural heir to George Chisholm: consistent, perfectly musical and with a pianissimo close-to-the-microphone approach that recalls Jack Teagarden, he has become ‘first trombone call’ for British and many American musicians in his style.”

The Pendle Jazzmen are pleased and honoured to welcome him as their very special guest.

1937年にサルフォードで生まれたロイは、Ericバティのジャズエース、ローカルグループとマンチェスター領域の周囲にテールゲートのトロンボーンを演奏彼の遊ぶキャリアを始めた。 、1965年に、彼はアレックスウェールズに参加するよう招待されたと “ボブのヒントを使用して、ワールドクラスの才能、Urbieグリーンの完璧なアマルガムとジャックティーガーデンになってまで、その後すぐに彼はテリーライトフットに参加し、技術やアイデアの両方で急速に成熟あちこちブルックマイヤー “(ディグフェアウェザー)。途方もなく成功した期間の後、彼は最終的には13年後、彼は4年間滞在したハンフリー·リ​​トルトンへの参加を残しました。彼の評判はしっかりと、彼はフリーランスになっ設立アメリカとヨーロッパ各地演奏し、ソリストとして、またオールスターグループとジャズ祭で大のお気に入りになった、多くのジャズをポーリングを獲得した。放送局とトランペッター、ディグフェアウェザーは、次のようにまとめ:検索検索 “ロイ·ウィリアムス、ジョージチザムに自然な相続人です、一貫性のある完全に音楽とジャックティーガーデンを思い出すピアニッシモ近い·トゥ·ザ·マイクアプローチ、彼は彼のスタイルで、英国の多くのアメリカのミュージシャンのための ‘最初のトロンボーンコール’となっています。 “検索検索ペンドルのjazzmanの複数形彼らの非常に特別ゲストとして彼を歓迎するために満足して光栄です。

広告