江戸っ子だってねぇ。ぇえ!

 

 おぅ、こちとら神田の生まれよ・・・って言ったかどうか知りませんが

 

「江戸っ子1号」

東京の町工場が8000m潜れる深海無人探査機をわずか2000万円で開発

 

すごいですよね。これでメタンハイドレートも一挙に開発熱が高まるか・・・

 

*************************

なぜ国が積極的でないのかよくわからんが、世界一の「エネルギー国家」目前なんですよ。

ただ、上手に国防をしなければ、中東と同じ目に合うのは必定・・・・

憲法論議が盛んだし、国防意識も格段に高くなってる。

奴等にすれば、日本の憲法が改正されるまでに、尖閣も沖縄も奪い取っておけば、エネルギーの心配がなくなるという作戦らしい。

南朝鮮は、竹島の周辺に石油が出ると米オイルメジャーにそそのかされ、日本の再軍備前を狙って武力占領したと言われている。

いずれにしてもきな臭くなることは確か。米国オイルメジャーにも稼がせないと報復があるとか・・・・

日露戦争から朝鮮戦争頃までをダイジェストすると

これは日露戦争後、満州の利権得た日本から鉄道利権の半分横取りを狙っていたユダヤ資本は、ほぼ決まりかけていた契約をある政治家にキャンセルされたことに怒り、日本の日露戦争による満州利権を米国の圧力で全世界を利用しリセットさせることに成功した。

さらに日本に対し世界的経済封鎖を行い大東亜戦争へと持ち込むため、支那共産党を利用し、国民党と日本軍をたくみな作戦で日支事変の口火を切らせた。

そして日本を侵略者とレッテルを張り、太平洋開放戦争とウソをつき経済封鎖で弱点となった物量戦に持ち込み、原爆や絨毯爆撃で民間人を殺戮し敗戦国へと追いやった。

しかし、日本は大東亜戦を頑張り、アジア諸国をすっかり欧米の植民地から開放してしまった。「肉を切らせて骨を断つ」カミカゼ式だ。わかったか。

これが米国の大誤算。戦前の日本の防共努力を理解できなかったため、支那をみすみす共産国にしてしまい、支那利権も何もかも失い、さらに朝鮮半島も。

世界中を巻き込み戦争をしたが、欧米は共に何も得るものが無かった。どころか・・・ざまぁ・・・

英国なぞ日英同盟を破棄させられ日本と戦争したため、アジアでの利権を全て失うこととなり、大英帝国の衰亡がここに始まる。米国も角栄のせいで、支那利権の恩恵にあずかることができなかった。で、角栄はハメられ失脚。

ま、なんのこたぁない欲の深い「ユダヤの陰謀」だったことが近年明らかになりましてね。

米国は、南朝鮮を防共堤とするため、甘やかし、日本にもそれを強いたわけです。したら日本のアカがこれに味を締め、近年では日本を乗っ取りアカ共産化しようという厚かましさ。

ところが南朝鮮は、最近支那と組し始めたので、「もう甘やかさなくていいでしょ」と石原さんも、安倍さんも米外交・・・かも

ともかく、この日本近海のメタンハイドレート利権ではまた歴史を繰り返す可能性が大ですね。強欲ユダヤ資本は、世界の全てを食いつくすまで止めません。狙ってますね。利権。
 

ところで、公明党は米国へ何しに行ったんでしょうね。そうそう、支那にも・・・・

利権の密約でカルト布教のお願いじゃねだろーな・・・おぃ・・・・

賢い日本人なら、推して・・・

*********************************************************************************

http://the-liberty.com/article.php?item_id=6688

東京の町工場が8000m潜れる深海無人探査機をわずか2000万円で開発

2013.09.23

東京などの町工場5社が中心となって開発したオール国産の深海無人探査機「江戸っ子1号」が22日、千葉県房総沖の海底8000メートルを探査する。21日付東京新聞夕刊が報じた。

「江戸っ子1号」は海底の泥を採取して資源の有無を調査し、搭載した3Dカメラで魚などを撮影することができる。本体は、1.7メートルのアルミの枠に、直径33センチメートルの耐圧ガラス球を3つ固定している。

このガラス球の中にカメラや照明などを搭載。重さは50キログラムで、重りをつけることで海面下8000メートルまで自重で沈み、調査後は重りを外して浮き上がる。回収する際はGPS機能を使って自身の位置情報を支援船に発信して、回収してもらう。

「江戸っ子1号」の開発には中小企業の技術を集め、また海洋研究開発機構の助言を受けて機能を集中させることで、開発費を2000万円に抑えることができた。実用化されれば、一台数百万円と安価になるという。

これまで深海探査は、国が中心となって進めており、無人探査機「かいこう」は海底1万メートルでの調査が可能だが、開発費は54億円もかかっている。2500メートルでの探査が可能な海外の探査機も一台4億円と高価で、民間には手が出なかった。

深海市場は近年、メタンハイドレートやレアメタルなどの発見が相次ぎ、活気づき始めている。探査機が安くなれば参入障壁は下がるし、海外に売り込むこともできる。

町工場の活躍で深海資源の開発が加速することを期待したい。(居)
 

【関連記事】

2013年4月29日付本欄 海洋基本計画を閣議決定 海底資源を守るためにも国防強化が緊急の課題

http://the-liberty.com/article.php?item_id=5961

2011年1月号記事 Project2 世界6位の広さの海を掘れ 日本は中東を超える資源大国

http://the-liberty.com/article.php?item_id=327

*********************************************************************************

こんなに安いと支那チョンがやってきますね。

そうならないうちに国が何とかしなくてはいけません。

 

全数買い上げとかね。安いし

3兆7千億円とか言われる在日特権を悉く廃止すれば、軽いもんでしょう。

南朝鮮への貸金は、400兆円もあるとか・・・・うぉお・・信じられん。

早速やってね・・・・・

 

広告