生で聞いてみたいぞ!【フィンランディア】Finlandia, Hymni

日本語はどこから・・・・

現在の日本語は、膠着語族です。
 

シュメールから

【トルコ、ウイグル、モンゴル、満州、百済、モヘンジョダロ、南インド、スリランカ、チベット、ブータン、ミャオ】

ハンガリー語やフィンランド語も同じ仲間らしい。

Czardasという曲をいろんな方の演奏で聞いてきましたが、

曲の解釈が下手というか・・・幼稚でわざとらしい人が多かったと感じる。

膠着語以外の外国人には無理かもしれん。

ただし、前にも紹介したが、Romano Benetello氏の解釈だけはとても素晴らしい(イタリア系かね?)

http://youtu.be/OA7Y7M9f9VA

人間は言語(文章)で物事を考え、感じるわけですから、母国語の影響はかなり大なわけです。

ハンガリー語が日本語族と同じ語族であれば、考え方や感じ方が似てきて当然と思うので、Czardasなんかは日本人も真剣に対峙したほうがいいと思う。

でなければ、やがて幼稚な解釈とわざとらしい演奏が蔓延し、お客を飽きさせることだろう。

同様にフィンランド系の音楽も日本人には解釈がしやすいと考える。きっと感じ方も日本人に近いかもしれない。

今日はコーラスでも聞いてみようか・・・・

Finlandia, Hymni 

 

 

 

 2009/12/05

So it finally it is Finland’s Independence Day, 6 December! That’s why i uploaded this.

More info about Finland’s independence day:

http://en.wikipedia.org/wiki/Independ…

 

 

 

 

 

 

 

 

広告