生で聞いてみたいぞ!【ウイントン・ワイクリフ】Wynton & Wycliffe

アンドレ・ヘイワードさん

F菅付きの太菅使ってる。

これは一般的にはクラシックのオーケストラ御用達なんですがね。

ニューヨーク系のJAZZマンは、最近好んで使うみたいです。

西海岸系の方々は、いまだに中細菅が主流・・・・

1930~40年代にも大きな変革がありました。

細菅から中細菅へと移行していったのです。

当時のトロンボーンはピーシューターとか言われる

トランペット位の太さの楽器がありました。それが・・・

0.485 => 0.500 => 0.508 => 0.525 へと

そして 0.547 ・・・・これまでの経緯を見ると、

JAZZでもそのうち太菅が一般的になるかもしれません。

今日は・・・・

ウイントン・マルサリスとワイクリフ・ゴードン

2人の掛け合いですね。

こんなところに出くわした住民。

何て幸せなんでしょうね。

Wynton & Wycliffe: A Conversation 

 

 

 

 

 

 

 2007/05/10

Perugia (Italy) summer 1993. Wynton Marsalis was there for Umbria Jazz, with his septet. In this video clip he and trombonist Wycliffe Gordon duel from the windows of their hotel rooms.

ペルージャ(イタリア)の夏1993。ウィントン·マルサリスは、彼のセプテットと、ウンブリア·ジャズにあった。このビデオクリップでは、彼と彼らのホテルの部屋の窓からトロンボーン奏者ウィクリフ·ゴードンの決闘。
 

 

 

 

 

 

広告