生で聞いてみたいぞ!【神田めぐみ】MEGUMI KANDA, trombone

神田一門の輝ける星 ???

講談師 ではないぞ・・・・もちろん「好男子」ともちがう・・・・芸名じゃないし

いつのまに「講釈師」という言い方はなくなってしまったんだろうか。

「講釈師 見てきたような 嘘をつき」だったよな・・・

トロンボーン吹きでした・・・

音の綺麗さで定評があると言われてるんですが、アリソン・バルサムなぞと通じる女性の音って感じがします。

BonesApartの面々は実に男っぽい音で、オネェタマ~とか甘えたくなる人も中には・・・・

まぁ、好き好きでしょう

細かいフレーズはおいといて。まだ若いんだからこれから

MEGUMI KANDA, trombone: 2 Selections from her CD "Amazing Grace" 

 

 

 2011/04/29

1) "When the Saints Go Marching In"
2) (@ 03:20): "Down by the Riverside"

Megumi Kanda, trombone (former Principal Trombone of the Albany Symphony)
The Rochester Community Gospel Choir
Rev. Alvin Parris III, piano, arrangements, conductor
Mike Chiavaro, bass; Ben Parris, drums

from Albany TROY656 (2004)

http://www.albanyrecords.com

Beautiful trombone playing combined with a gospel choir offers a new perspective on old favorites.
Megumi Kanda, a native of Tokyo, Japan, began to play the trombone at the age of ten. She continued her studies at the prestigious Toho High School of Music in Tokyo, where she studied with Sumio Miwa, trombonist of the NHK Symphony. She came to the US in 1994, and studied with James DeSano, the principal trombonist of the Cleveland Orchestra, at the Cleveland Institute of Music. She is currently principal trombonist of the Milwaukee Symphony Orchestra. Bruce Stark writes: "This project was truly a pleasure to be part of, owing to the fact that Ms. Kanda is an extraordinary classical musician, at once adventurous, creative, polished and gifted. In these arrangements, I have tried to bring out the natural, expressive qualities of the trombone. Ballads such as Wayfaring Stranger bring out the somber, lyrical voice of the instrument, while Gospel Song Fantasy was intended to display a broad range of expressive capabilities, from fast and technically challenging passages to soaring, robust melodies. In We Shall Overcome and Nearer My God To Thee I wrote trombone trio and quartet passages that Ms. Kanda overdubbed, creating a unique resonance that not only a group of trombones (moreover, a group of Megumi Kanda’s!) can achieve. I hope the contrast of Mr. Parris’ more traditional arrangements for gospel choir and my less orthodox arrangements of gospel melodies offer a fresh and varied listening of these enduring tunes, while preserving the beauty and depth inherent in the original pieces."

11 Selections, including "Go Tell It On the Mountain," "Wayfaring Stranger," and "Just a Closer Walk"

2011/04/29
ページ1)(@ 3時20))

検索2 "聖者の行進":検索検索めぐみ神田、トロンボーン "ダウンリバーサイドで"(アルバニー交響楽団の元校長攻め)検索ロチェスターコミュニティゴスペルクワイア検索牧師アルビンパリスIII、ピアノ、アレンジ、指揮者検索マイクChiavaro、低音、ベンパリス、アルバニーTROY656からドラムプレミアリーグ(2004)

検索検索

http://www.albanyrecords.com

検索美しいトロンボーンが古いお気に入りに新たな視点を提供しています。検索めぐみ神田、東京出身の、日本は、10歳の時にトロンボーンを演奏し始めた。彼女は澄男美和、NHK交響楽団のトロンボーン奏者に師事東京で音楽の名門東邦高校で彼女の研究を続けた。彼女は1994年に米国に来て、音楽のクリーブランド研究所でジェームズDeSano、クリーヴランド管弦楽団の主要トロンボーン奏者、師事。彼女は現在ミルウォーキー交響楽団の主要トロンボーン奏者です。ブルース·スタークは書いている: "このプロジェクトは、本当におかげさん神田はかつて、冒険創造的、洗練された才能で、臨時のクラシック音楽家であるという事実、の一部であることを喜びあったこれらの契約では、私が引き出すことを試みた。ゴスペルソングファンタジーが堅牢で、高騰への高速かつ技術的に困難な通路から表現力の広い範囲を表示するように意図されていた間にトロンボーンの自然な、表情豊かな資質。バラードなど旅行中のストレンジャーとしては、楽器の地味な、叙情的な声を引き出すメロディー。我々は克服しなければならず、なたに私の神に近い私はトロンボーンのグループ(しかも、めぐみ神田年代のグループ!)だけでなく、達成することができ、独特の響きを作成し、トロンボーントリオさんと神田がオーバーダビングというカルテット通路を書いたでは私はオリジナル作品に内在する美しさと深さを維持しながら、ゴスペル聖歌隊やゴスペルのメロディー私の少ないオーソドックスなアレンジのための氏パリス ‘より伝統的なアレンジのコントラストは、これらの永続的な曲のリスニング新鮮かつ多様を提供したいと考えています。 "グラフィック< "" "、山にそれを教えてください"ストレンジャーを旅行中の、 "と"ちょうどクローサーウォーク含むbrが> 11セレクション、

 

 

 

広告