生で聞いてみたいぞ!【ウィクリフ・ゴードン】Wycliffe Gordon Trombone

 

 

 

トロンボーンという楽器、古楽器に混ぜてもいいくらいの化石みたいなものだとつくづく思う。

 

小さな音で小奇麗なフレーズを流暢に演奏する ・・・・ 確かに万人受けはするだろう。

 

 

 

カール・フォンタナ ビル・ワトラス 両氏は、トロンボーンという楽器の一つの方向性を示してくれた。

 

早口(タンギング)が演奏技術の全てである事を示してくれた両氏の演奏は感銘に値し、感謝すらする。

 

だがそれは優等生的発展であり、誰もがその域への達成を願うが、叶うものでもない。

 

 

 

 

パワフルで、早口(タンギング)の限界に挑戦する。

 

それがアフリカ系アメリカ人のアイデンティティであり、トロンボーン吹きの使命であるかのごとく。

 

 

今日紹介する Wycliffe Gordon は、まさにもう一つのトロンボーンの方向を示してくれている。

 

強烈な早口(タンギング)こそ未来を開くものであると・・・・

 

 

Trombone Shorty は、バンド自体が新しい音楽方向を示した。

 

 

Wycliffe Gordon は、正当なニューオーリンズJAZZの継承者のにおいがする。

 

そして、ここから新しいJAZZが始まる予感が聞こえる。

 

 

 

とにかく聞いてほしい・・・・

 

 

 

Wycliffe Gordon – Fantasy

 

 

 

 

 

 

http://www.wycliffegordon.com/

 

 

 

 

 

Wycliffe Gordon

 

Photo by Frank Kramer

Background information

Birth name Wycliffe Gordon

Born May 29, 1967

Origin Waynesboro, Georgia

Genres Jazz

 

Instruments trombone, didgeridoo, also trumpet, tuba, Piano and vocals

 

Associated acts Randy Sandke, Maurice Hines, Wynton Marsalis

 

Wycliffe Gordon (born May 29, 1967 in Waynesboro, Georgia) is a jazz trombonist. He also plays didgeridoo, trumpet, tuba, piano and sings.

In 1995, he re-orchestrated the theme song for NPR’s All Things Considered.[1] Gordon’s is the third version of the easily recognized tune, first penned by Don Voegeli in 1976.

Wycliffe Gordon came from a strongly religious background (his father was a church organist) that influenced the early direction of his music. He became interested in jazz at thirteen inspired by an aunt’s music collection. His interest at that time was mostly the earlier musicians like Louis Armstrong[2] His early works as a professional were with Wynton Marsalis, but in recent years he has expanded beyond swing and has experimented with new instruments. The strongest example of this might be The Search where he plays didgeridoo and covers Thelonious Monk songs.[3] He has also played Gospel music.

 

広告