生で聞いてみたいぞ!【ブラスセソーワルス】Brassessoires

カール・フォンタナの早口タンギングおもしろかったでしょ。
晩年、アルツハイマーを患ったが、時々車椅子でステージに立ったそうだ。
楽器を渡すと演奏していたというから驚きです。

見せ物っぽくて気の毒とみるか、本望とみるか・・・

バウマンと是非対談させたかったですね。お互いに得るところが多かったと思う。

さて今日は

オーストリアのおねーちゃんたち5人組です。(発音が確かか、わからん)

是非、生でお付き合いしてみたい。

やっぱかわいいおねーちゃんがいいでしょ。こうなると上手い下手は、おいときましょ。
ラッパの音程が上がりきらなくっても、文句を言ってはいけません。

かわいいからいいんです。

なんでも許されちゃうんですよ。若いし、5人もいるから、そ、なんでもあり。

**********************************
おい、八っつあんや。お前さんも、そろそろカカァをもらっちゃどうでぇ。
いつまでも一人寝は、体に毒だってぇからね。どうだい。えぇ。

結構。な~に飯を食わねぇ、五人組がいまさぁ。
**********************************

Brassessoires Debutkonzert

http://www.brassessoires.at/

Das Ensemble „Brassessoires“, eine klassische Brass-Quintett-Besetzung mit zwei Trompeten, Horn, Posaune und Tuba, wurde im Sommer 2011 gegründet.

Das Besondere an diesem Ensemble ist, dass fünf junge Blechbläserinnen auf hohem Niveau gemeinsam musizieren.

Bei „Brassessoires“ – einem reinen Frauenensemble – sollen natürlich auch die weiblichen Aspekte betont werden, zum Beispiel beim Outfit, der Konzertgestaltung oder der Stückwahl.

しかしこのグーグル翻訳、下手クソだねぇ。

アンサンブル ‘Brassessoires’、2トランペット、ホルン、トロンボーンとチューバとクラシカル金管五重奏は、2011年夏に設立されました。

このアンサンブルについての特別なことは、高いレベルで一緒にその5人の若い真鍮インナー音楽です。

すべて女性アンサンブル – – ‘Brassessoires’においては、例えば、女性の側面が強調され、もちろん衣装、コンサートピース設計または選択です。

グーグルっていやぁ、そーとーな反日企業だけん、情報出すのも控えたがいい。

広告