生で聞いてみたいぞ!【カール・フォンタナ】Carl Fontana Trombone

この方も鬼籍にはいられましたね。

前回のナチュラルホルンなんですが、今日は説明用にUPしてみました。

スライドワークで、もしタンギングしなかったら、フニャパリ、フニャパリ、フニャフニャとボロボロもいいとこでしょうね。

一つ一つの音全てにとはいいませんが、ほとんどの音に舌を使い息を断っています。それで曲に聞こえるわけです。

クラシック系の方々は「K-Tongue」とか「K-Tongue-Modified」とかいわれるタンギングをするそうです。

JAZZ系の方々は「DOODLE」タンギングをメインに使うそうです。

それぞれが何者かはググって見てください。

もう一本、埋め込み拒否だったので、「カール・フォンタナ」「ビル・ワトラス」「フランク・ロソリーノ」の3人がセッションしている映像をリンクさせておきました。

この3人がやると、早口言葉大会みたいでおもしろいです。というか唖然としてしまいますね。軽業師もいいところです。

よく、フランク・ロソリーノはDOODLEタンギングなのか?とか言われるらしいが、私の意見は、彼はイタリア語のタンギングだと感じている。巻き舌かな・・・・

当然、ネイティブ言語に影響されるはずだから、それぞれのタンギングになるに決まってるさ。

日本人? 日本語だよ・・・絶対!

Carl Fontana Plays The Blues

carl bill frank セッション

***********************************************

カール・フォンタナ
Carl Fontana

基本情報
出生 1928年7月18日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ルイジアナ州 モンロー
死没 2003年10月9日(満75歳没)
ジャンル ジャズ
活動期間 1951 – 2001
著名使用楽器
トロンボーン

カール・フォンタナ(Carl Fontana、1928年7月18日 – 2003年10月9日)はアメリカのジャズ・ミュージシャン。トロンボーン奏者。
来歴 [編集]

1928年7月18日ルイジアナ州モンローに生まれる。サックスとバイオリンの演奏家であった父親からジャズを学び、高校在学中には父親のバンドに出演することもあった。その後、ルイジアナ大学モンロー校に入学し、同校に2年通ったのちルイジアナ州立大学に転入し、音楽教育学の学士号を取得し卒業した。

卒業の翌年(1951年)、ウディ・ハーマンのバンドにレギュラーメンバーであるアービー・グリーンの代役として出演し、本格的なプロ活動を開始する。このとき、ウディ・ハーマンから即興演奏の技術を高く評価され、アービー・グリーンがバンドに復帰した後もレギュラーメンバーとして残ることができた。

***********************************************

ビル・ワトラス
Bill Watrous

基本情報
出生 1939年7月8日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 コネチカット州 ミドルタウン
ジャンル ジャズ
公式サイト http://www.billwatrous.com/
著名使用楽器
トロンボーン

ビル・ワトラス(Bill Watrous、1939年7月8日 – )はアメリカのジャズ・ミュージシャン。トロンボーン奏者。本名はWilliam Russell Watrous III。

v 1939年7月8日コネチカット州ミドルタウンに生まれる。

************************************************

Frank Rosolino

Frank Rosolino, Jazz Trombonist
Background information
Born August 20, 1926
Detroit, Michigan, U.S.
Died November 26, 1978 (aged 52)
Van Nuys, California, U.S.
Genres Bebop, Hard Bop
Occupations Musician, Trombonist
Instruments Trombone

Frank Rosolino (August 20, 1926 – November 26, 1978) was an American jazz trombonist.
Contents

1 Biography
1.1 As Leader
1.2 As a sideman
2 References
3 External links

Biography

Born in Detroit, Michigan, Frank Rosolino studied the guitar with his father from the age of 9. He took up the trombone at age 14 while he was enrolled at Miller High School where he played with Milt Jackson in the school’s stage band and small group. Having never graduated, Rosolino joined the 86th Division Army Band during World War II.

Perhaps most influential of all was the street education Rosolino received after returning to Detroit following his period in the Army during which he sat in at the Mirror Ballroom or the Bluebird where other to-be-renowned musicians also congregated, the Jones brothers (Hank, Thad, and Elvin), Tommy Flanagan, Kenny Burrell, Paul Chambers and later at the 3 Deuces on 52nd Street in New York City with Charlie Parker. During these years Rosolino was also performing with the big bands of Bob Chester, Glen Gray, Tony Pastor, Herbie Fields, and perhaps most notably Gene Krupa and Stan Kenton. After a period with Kenton he settled in Los Angeles where he performed with Howard Rumsey’s Lighthouse All-Stars (1954–1960) in Hermosa Beach.[1] Throughout the 1960s and 1970s, between nightclub engagements, Rosolino was active in many Los Angeles recording studios where he performed with such notables as Frank Sinatra, Sarah Vaughan, Tony Bennett, Peggy Lee, Mel Tormé, Michel Legrand, and Quincy Jones among others. He can also be seen performing with Shelly Manne’s group in the film I Want to Live! (1958) starring Susan Hayward, and also in Sweet Smell of Success (1957) with Burt Lancaster and Tony Curtis. He was also a regular on The Steve Allen Show and a guest artist on The Tonight Show and The Merv Griffin Show. Rosolino was also a talented vocalist, renowned for his wild form of scat-singing. He recorded one vocal album, Turn Me Loose!, featuring both his singing and trombone playing. He can also be seen performing in the half hour syndicated program Jazz Scene USA, hosted by Oscar Brown, Jr.

It was during the 1970s that Rosolino performed and toured with Quincy Jones and the Grammy Award winning group Supersax.

Rosolino committed suicide after shooting his two sons in 1978.[2]

広告